Made in Hell

Always Look On The Bright Side Of Life

小さな嫌なことが重なったりで人生にうんざりしている今日このごろ。
もうだめだ、生きていたって仕方がない。もう終わりにしよう・・・。
せめて最期を迎える地だけはちゃんと選ぶんだ。
そう決意するとあてもないまま僕は電車に乗った――

ふと、ある駅に来た時に胸がざわめく。
ここだ、ここで蹴りをつけるんだ。
その駅で降りて外に出てみるとあれ不思議。


プリティリズムの聖地じゃないかー。偶然だなー。

聖地を汚すわけにはいかない。
ここで死ぬのはやめて渋谷へと向かい、そこで所用を済ませると再び電車に乗った。

今度こそ、終わりにするんだ。

再び、ある駅で胸がざわめいたのでそこで降りる。
独特の雰囲気を持った町だ。
後で知ったのだがそこは秋葉原という町だったらしい。
そしてとらのあなという見るからに凶暴そうな名前の店を見つける。
虎か、虎なら過たず僕の人生に終止符を打ってくれるだろう。

そこで僕は表紙が可愛かった杏さや本とスマプリ本を買ってほくほくで店を後にした。
また死ねなかった。


今度こそ、今度こそ終わりにするんだ。
よし、今度は毒を使おう。服毒自殺だ。
僕にとって毒とは・・・嫌いな食べ物は・・・メロンだ。
メロンブックスという店に向かう事にした。

しかし秋葉原という町に不慣れな僕は間違ってゲーマーズという店に来てしまった。
違うんだ、ここじゃない。今は二次創作がほしいんだ。
ゆるゆりのゆるくない百合本(一般向け)がほしいのだ。

ちなあか・・・ちなあか・・・と呪文を唱えながら徘徊していると
ようやくメロンブックスにたどりついた。
ゆるゆりは見本誌を残して売り切れていたので舌を噛みかけたが
かわいいほむまど本を見つけたので買って店を後にした。


そして地元の書店できららキャラット買って今キルミーベイベー読んでます。
・・・そんな夏休みでしたっ!!!!!!!